Windows 7 動作対応情報

Windows 7 対応について

2009年10月にリリースされたWindows 7についての対応情報です。
OSのバージョン更新などにより内容、仕様が変更される場合があります。
Windows 7は、新しいOSのため既存OSと互換性がない部分がいくつかあります。次の点が特に大きな違いになります。
1:標準状態でウィンドウの表示にテクスチャーが使用されるため、VRAMはアプリケーションの容量+αが必要になります。
2:セキュリティーが大幅に強化され、アプリケーションのインストール、実行に際して信頼性を確認するダイアログが表示されます。実行をつねに承認してください。


Windows 7には出荷時点でDirectXが組み込まれていますが、バージョンが古いため、更新する必要があります。最新版のDirectXは、 マイクロソフト社のDirectXページ よりダウンロード&インストールができます。


Windows 7対応のデバイスドライバーが用意されていないハードウェアが搭載されている場合、アプリケーションが正常に動作しないことがあります。デバイスドライバーの対応についてはパソコンメーカーにお問い合わせください。
アプリケーションの互換性ダイアログが表示された場合は、「正しく実行できた」を選択してください。
アプリケーションは標準ユーザーアカウントにはインストールできません。インストール時にアカウントに管理者権限を与えてください。
DRMが組み込まれているダウンロード販売製品は、DRMの提供元サイトにご確認ください。

Windows 7 対応サポート対象外の製品について

「鉄道模型シミュレーター4」以前のバージョン、「メビウスリンク」などの旧Windows対応製品は、Windows 7での動作について、サポート対象外になります。各アプリケーションの動作対象OSでご利用ください。
鉄道模型シミュレーターについては、Windows 7対応の鉄道模型シミュレーター5または鉄道模型シミュレーターオンラインをご利用ください。

鉄道模型シミュレーター5および鉄道模型シミュレーターオンライン

鉄道模型シミュレーター5、鉄道模型シミュレーターオンラインは、Windows 7に対応しています。
※32ビットOS、64ビットOS両対応です。ただし、アプリケーションは32bitで実行されます。
※インストール時にWindowsの互換性ダイアログが表示される場合があります。「正常に実行できた」を選択してください。


PAGE TOP