E233系6000通勤形電車(横浜線)


JR東日本の新しいコンセプトの通勤、近郊形電車として開発された形式です。2006年に中央線201系の置き換え用にE233系初期番台が登場しました。以降、近郊形、通勤形として各線区に投入されています。
6000番台は、横浜線205系の置き換え用に2014年より投入されました。登場時は、全編成の車体側面にそれぞれ駅スタンプのステッカーが貼られていました。



E233系6000通勤形電車(横浜線)
クハE232-6002
サハE233-6202
モハE232-6002
モハE233-6002
サハE233-6002
モハE232-6402
モハE233-6402
クハE233-6002


PAGE TOP