E351系特急形電車

E351系特急形電車

中央東線をはしる「あずさ」のスピードアップを目的として開発された特急形電車です。カーブ区間の多い山岳路線を高速で走行するために制御付き自然振り子を採用しています。車両限界の低い路線を走行するため、独特なスタイルになっています。
モデルは、分割併合時の貫通ホロ動作など特殊機構も再現しています。振り子制御も実車と同様に動作します。


実車と同様に台車とリンクするパンタグラフ。

貫通扉は任意に開閉できます。


E351系特急形電車
クハE351-4
モハE351-7
モハE350-7
クハE350-104
クハE351-104
モハE351-8
モハE350-104
サハE351-4
サロE351-4
モハE351-104
モハE350-8
クハE350-4


PAGE TOP