E233系通勤形電車(中央線H50編成)
E233系通勤形電車(中央線T17編成)

国鉄時代に開発された中央線201系を置き換える目的で登場しました。故障による運休を避けるために、制御機器、パンタグラフなど主要機器は二重化されています。車体は、E231系を踏襲していますが、ホームとの段差を減らすために35mm下げています。

E233系通勤形電車(中央線H50編成)

分割運用可能なH編成


E233系通勤形電車(中央線H50編成)
クハE233-50
モハE233-50
モハE232-50
モハE233-250
モハE232-250
クハE232-508
クハE233-508
モハE233-608
モハE232-608
クハE232-50

E233系通勤形電車(中央線T17編成)

T編成


E233系通勤形電車(中央線T17編成)
クハE233-17
モハE233-17
モハE232-17
モハE233-217
モハE232-217
サハE233-517
サハE233-17
モハE233-417
モハE232-417
クハE232-17


PAGE TOP