201系通勤形電車(中央線)

201系通勤形電車(中央線)

昭和54年に省エネルギーへの時代の要求が高まりを見せる中で登場した形式です。電機子チョッパ方式を採用。回生ブレーキにより減速時にエネルギーを架線に戻すことで省エネルギーを実現しています。国鉄の将来を担う標準形式として開発されましたが、製造コストなど諸問題により増備は途中で中止されました。



201系通勤形電車(中央線)
クハ200-54
クハ200-128
クハ201-54
クハ201-129
モハ200-121
モハ201-121(パンタグラフPS21)
モハ201-121(パンタグラフPS35)
モハ201-254
サハ201-55
サハ201-56


PAGE TOP