D51蒸気機関車(2010年SLやまなし号)

D51蒸気機関車(2010年SLやまなし号)

D51 498は、1940年鷹取工場で落成後、岡山機関区に新製配置され、現役時代は各地を転属しました。車籍抹消後は、群馬県利根郡月夜野町に貸与、保存展示されていました。動態復活に向けて1988年に復元工事が行われ、1988年12月のオリエント急行’88で復活デビューを果たしました。
2010年SLやまなし号は、大規模な修理からの復帰にあわせて、集煙装置と新しいデフが装着されました。トンネルが多いSLやまなし号の運転区間にあわせて、現役時代の有名機で1番違いの499号機に似た、後藤工場タイプのデフに鷹取タイプの集煙装置が搭載されました。



D51蒸気機関車(2010年SLやまなし号)
D51 498(ボイラー)
D51 498(テンダー)


PAGE TOP