クモハ591高速試験電車


在来線の高速化を研究するために1970年3月に完成した国鉄の高速試験電車です。3車体で1両として扱われる特殊な車両構造を持っています。試験の主な目的は、曲線通過速度と直線速度の向上にありました。曲線通過速度を引き上げるために、振り子式&操舵台車、連接機構、軽合金採用の軽量車体、屋上機器を床下に配置した低重心などが取り入れられています。
国鉄初の本格的な試作電車であり、本形式で試験された各種技術は現在の狭軌高速電車の基礎となっています。
モデルは、人気の高い、登場当初の3連接車体時代を再現しています。振り子機能も実車と同様に作動します。



クモハ591高速試験電車
クモハ591-M1
クモハ591-M2
クモハ591-M3


PAGE TOP