VRMコレクション 10系軽量客車&郵便車セット

10系軽量客車

10系軽量客車は、日本鉄道車両工業協会の研究答申とヨーロッパでの調査を元に試作開発が行われ、昭和30年に8両の試作車が登場しました。
旧来の客車は、堅牢に作られた重い台枠構造に車体がのるような構造になっていましたが、軽量客車では、車体全体がセミモノコックとして荷重を受け持つ構造になり、車体全体の軽量化が行われています。本形式を境に客車、電車、気動車は新しい世代に入りました。
試作車ナハ10は、銀河に連結され実用化テストが行われました。
昭和31年度より量産化が開始され、食堂車、寝台車などグループ各形式が生産されました。
10系軽量客車によって完成した新しい車体構造は、その後、客車、気動車、電車などに採用されました。

10系郵便車

10系軽量客車をベースにした郵政省所属の郵便車です。郵便物の区分室を備えています。

重要!!
収録のデータはVRM3規格で製作されたデータを改良して、ヘッドライトの点灯、パンタグラフ昇降を可能にしたデータです。ディティールなどは、オリジナルデータ作成時の状態です。実車と異なる場合があります。
旧規格データを元にしているため、室内、ガラス、車体の反射率などは設定されていません。また、表記類の変更もできません。


2009年07月30日発売


お求めは

アイマジックダイレクトショップ、下記ダウンロード販売サイトにてお求めください。

ダウンロード販売サイト(ダウンロードですぐに遊べます)

Magino Drive

収録内容
オシ17
オハネ12
オハネ17
オハネフ12
オロ11
オロネ10
スハネ16
ナハ10
ナハ11
ナハフ11
オユ10 非冷房青
オユ10 冷房青
オユ10 非冷房茶
オユ12 青色
オユ12 茶色
オユ14 青色

本製品は単体では動作しません。VRM5システム製品が別途必要です。/VRM5専用です。/極小生産のため、CDRまたはダウンロード販売でのご提供になります。/弊社ダイレクトショップまたはダウンロード販売をご利用ください。



PAGE TOP