VRM-FAQ

鉄道模型シミュレーター4の導入

Q:部品が消えた


A1:ライセンス失効による自動削除が実行されています

VRM4は、部品単位でライセンスが管理されています。異なるPCにインストールした場合、アップデータやインストーラーによってライセンスの確認が行われ、適切でない場合は自動的に削除されます。正規のライセンスを所有している場合は、削除された部品が含まれているパッケージを再度インストールすることで復帰します。

また、セキュリティーソフトを導入されている場合は、「Windowsが正常に動作しない」、「通信障害の原因」となります。ライセンスサーバーとの通信が正常に行えない場合、ライセンス情報が更新できないため部品削除の対象と判断される場合があります。Windowsが正常に動作するようにセキュリティーソフトを一時的に停止して、通信障害の原因を取り除いてください。(セキュリティーソフトは原理的に通信障害を故意に発生させてセキュリティーとしています。)


A2:Windows Vistaの場合

UACの誤作動によりバーチャルストアにインストールされてしまった場合、アップデータや新しいパッケージをインストールすると部品が消える場合があります。バーチャルストアはUACが自動的に生成したデータです。アップデータや新しいパッケージのインストーラーは、バーチャルストアではなく「正常なディレクトリ、レジストリ」にデータを書き込みます。この結果、バーチャルストアに書き込まれてしまった部品は消滅します。

弊社サイトより提供していますアップデータをインストール後に実行してください。バーチャルストアを正常なデータで上書きします。


※上記の方法で正常化しない場合は、バーチャルストアにUACが異常なファイルを生成している可能性があります。UACを停止した状態で、すべてのパッケージをインストール、アップデータを実行、UACをもとの状態に戻してください。


A3:Windows 7以降の場合

動作対象外になります。後継バージョンへの移行をご検討ください。


PAGE TOP