VRM-FAQ

一般的なご質問

Q:車両の方向


A:

車両には構造上の方向があらかじめ決められています。蒸気機関車は煙突があるほうが前、電気機関車は主たる制御機器があるほうが前です。電車、客車は少々複雑なルールで決められています。車体には、方向を表す数字(1、2など)がマーキングされているので、その数字で方向を確認することができます。1が前位になります。

ここまでは構造上の前位についての話になります。運用上は、上記とはことなるルールになります。構造上の前位と車両を運用する上での「前方」とは、関係がありません。たとえば、ジャンパ線が片側だけの車両は、すべてジャンパ線の接続をそろえる方向で編成が組まれます。また、主たる制御機器によって前位が決定されている電気機関車も、走行経路によっては同じ進行方向でも1エンドと2エンドが入れ替わります。(たとえば、東海道貨物線を走行する長距離貨物の機関車は、日によって東京側が1エンドになったり2エンドになります。)

VRM上のモデルデータについては、運用面の方向を重視して、構造上の前位方向について統一するような形では制作していません。組成する編成にあわせて、任意に決めてください。なるべく実際の編成に近づけたいという方は、実際の編成構成を確認の上、モデルの車体マーキングや乗降口位置、方向幕位置などを参考に編成を組成するとよいでしょう。
電気機関車やディーゼル機関車については、走行経路によって頻繁にエンドが入れ替わるため、いずれの向きでも問題ありません。(なお、2車体形の電気機関車は、便宜上、区別をつけるため1端車といった名前をつけていますが、これは正式なものではありません。車体のエンドマーキングとは関係なくダイアログで左から順番に割り付けています。)


PAGE TOP