VRM-FAQ

鉄道模型シミュレーター3の使い方

Q:ビュワーの解像度を元に戻す方法


A:

一般にビデオカードに搭載されている3Dグラフィック機能は、ビデオカードが表示可能な解像度(ウィンドウズの画面のプロパティーで選択できる画面の大きさ)のすべてで動作しますが、一部のビデオカード(ビデオチップ)では、ハードウェアの性能上の限界により3Dグラフィック機能が動作しない場合があります。

3Dグラフィック機能するかどうかは、実際にその解像度に変更してみないと判断がつかないため、アプリケーションが提示する解像度のなかには、変更後3D表示できなくなる組み合わせがあります。

ビュワーで解像度を変更した際に表示できなくなった場合は、お手数ですがレジストリエディターをつかってビュワーの表示解像度をもとの状態に戻してください。

レジストリエディターとは

ウィンドウズやアプリケーションの内部情報を直接変更するウィンドウズに標準的に組み込まれているツールです。このツールはウィンドウズの内部情報を簡単に変更できるため、使い方を誤るとウィンドウズの動作に致命的なエラーをあたえてしまうことがあります。しかし、正しく必要なデータのみを書き換える分には危険性はありません。


レジストリエディターは、ウィンドウズがインストールされているフォルダーに収録されています。regedit.exeという名前の実行ファイルです。

例:C:\WINDOWS\regedit.exe

※エクスプローラーのフォルダオプションで「登録された拡張子を表示しない」に設定されている場合は、regeditという名前で表示されます。

このツールを起動してください。起動すると左側に設定項目の一覧が表示され、右側に選択項目の内容が表示されます。

ビュワーの解像度に関する情報は、



1:HKEY_CURRENT_USERをクリックして開く


2:Softwareをクリックして開く


3:I.MAGICをクリックして開く


4:APPをクリックして開く


5:VRMV3ViewA100をクリックする
※この中にScreenDX、ScreenDYの各設定項目が表示されます。


6:ScreenDXをダブルクリック、設定を変更するダイアログが表示されたら、「640」と入力してください。
※10進数表記になっていることを確認してください。16進数表記になっていたら10進数表記に変更してください。


7:同様にScreenDYに「480」と入力してください。



以上で変更が完了しました。レジストリエディターを終了して、鉄道模型シミュレーターを起動してください。ビュワーが基本的な解像度(640*480ピクセル)で表示されます。


PAGE TOP