VRM-FAQ

鉄道模型シミュレーター3の使い方

Q:橋脚の高さについて


A:バージョン3は、橋脚の高さの種類が増えました。

トミックスの模型製品をご覧いただくとよくわかるのですが、橋脚は、橋脚本体の高さと線路の高さに違いがあります。

橋脚と線路の間には、カプラーとよばれるはめ込み装置と高架橋がはさまれます。
橋脚の高さ設定でメニューに表示されるAmm(Bmm)という2つの数値は、それぞれ橋脚本体の高さ(A)と橋脚でどれだけ線路があがるかをしめす高度(B)です。

模型製品では、橋脚の分類を橋脚本体の高さであらわします。VRMは、線路を何ミリ持ちあげるかで分類しています。模型製品のレイアウト試作に利用される場合は、(A)の数値を参照していただくといいでしょう。模型の橋脚と正確な対応がとれます。

トミックス製品では、高架橋が2種類あります。
1つは従来からの単線高架橋で厚みも相当あります。もう1つは、新しい複線レールで高架橋といっても厚みは通常のレールと同じです。(地上面で通常のレールと高さを変更することなしに接続するため同じ厚みになっています)

VRMは構造上、線路を何ミリ持ち上げるかという仕組みのため、トミックス版では単線用と複線用の2種類の橋脚を用意しています。


PAGE TOP