VRM-FAQ

鉄道模型シミュレーター3の使い方

Q:地形テクスチャーの使い方


A:今回のバージョン3より、地面の模様を自由に設定できるようになりました。地形テクスチャーと呼ばれる機能です。

地形テクスチャーは、0番から63番までの64種類のパターンを地形ポリゴンに設定できます。地形ツールのテクスチャーを選択するとオプションにテクスチャー番号の設定がでてきます。任意の番号を設定するか、パターンを選択してください。

地形テクスチャーの作成には、市販のペイントツール(フォトショップなど)、フリーソフト・シェアウェアのペイントルーツを使います。ペイントツールは、写真などの「画像」を編集するためのソフトウェアです。(ペイントツールの対義語はドローツールです。イラストレータなど)

256*256ピクセルを32ピクセル単位でくぎって、それぞれの部分にテクスチャーを描きます。それぞれの部分が、地形テクスチャーの1パターンになります。 VRM3をインストールしたフォルダー<partsフォルダー>に収録されているサンプルを参考にしてください。

地形テクスチャーを白一色にすると雪景色になります。


PAGE TOP