VRM-FAQ

鉄道模型シミュレーター3の導入

Q:XP,2000で「インストール」が動かない


A:

WindowsXP,Windows2000で極めてまれにですが、鉄道模型シミュレーター3のシステムプログラムをインストールできないことがあります。
インストールプログラムの「インストール」ボタンをクリックすると、通常はセットアッププログラムが起動しますが、なにも動作しない場合は、上記の現象が発生しています。

WindowsXP、Windows2000は、Windows95/98/Meと比較して、内部が完全に32ビット化された新しいタイプのWindowsシステムです。一般的なアプリケーションの導入プログラム(インストールシールドなど)は、一部が16ビットで構成されているため、WindowsXP、Windows2000では、16ビットプログラムを動作させるためのサブシステムが起動します。
ごくまれにですが、なんらかの原因でこの16ビットサブシステムが起動しないまたは起動しても無反応になることがあります。OSのバグです。

※wowexec.exeが16ビットサブシステムの中核プログラムです。このプログラム内部で問題が発生していると考えられます。しばらくたってから再度実行すると問題が発生しない場合もあります。タスクマネージャで問題となっているタスクを強制的に停止すると、一時的にですが実行可能となる場合もあります。マイクロソフト社よりパッチが提供されていますが、問題を完全に回避することはできません。
※アプリケーションは完全な32bitプログラムです。


Windows XPの場合は、Windows Updateを実行してSP2を導入してください。問題を修正できる場合があります。

インストールプログラムの「インストール」は、システムファイルをコピーして、Windowsのスタートメニューに登録します。問題が発生した場合は、通常のセットアップ手順ではなく、以下の方法で導入してください。


  • 1:セットアップファイルのvrm3フォルダーをフォルダーごと、適当なハードディスク上のフォルダーにコピーしてください。
  • 2:コピーしたvrm3フォルダーに含まれるvrmlayout.exeとvrmviwer.exeのショートカットを作成して、それをデスクトップに移動してください。アプリケーションの起動は、このショートカットを使います。
  • 3:vrmlayout.exeのショートカットをダブルクリックして、一度起動します。起動させることにより、OSに認識させることができます。起動完了後、ただちにレイアウターを終了してください。
  • 4:以上でインストールプログラムの「インストール」ボタンの作業を手動にて完了しましたので、「部品のインストール」ボタンをクリックして、部品をVRMに組み込んでください。

[2004/06/26追記]

2004/07発売の鉄道模型シミュレーター3第6号以降の製品は、WindowsInstallerを使用しています。Windowsのシステムに統合されているインストーラーのため、上記の問題は発生しません。


PAGE TOP