VRM-FAQ

鉄道模型シミュレーター3の導入

Q:WindowsXPでうまく動きません


A:

Windows XPは、高い安定性と高度な機能を持った新しいOSです。

アイマジックでは、従来バージョンのWindowsが動作しているマシンにWindows XPをいれた場合と、すでに組み込まれている市販機種(SONY VAIO RX63)で動作試験を行っております。

WindowsXPが安定動作するようにデバイスドライバーなどが完全に整っているマシン環境での動作については特に問題となるような点はありません。
このため、Windows XPに導入した場合動作しない、または動作が不安定という症状がでる場合は、マシン構成、ソフトウェア構成に問題が生じる原因があります。


1:インストールが原因と考えられるケース

Windows XPは、高い安定性と高度な機能を持った新しいOSです。


2:アカウントが原因と考えられるケース

Windows XPは、複数のユーザーが1台のパソコンを利用できるようにするために、ユーザーを識別するための名前をパソコンに設定します。アカウントと呼ばれるもので、パソコンから見ると「アカウント=一人のユーザー」という形になります。

このアカウントは、様々な制限をかけることができます。フォルダー、ファイル単位のアクセス制限など、制限に関する設定が原因で動作しないことがあります。

アカウントが原因の場合は、アプリケーションを使用される方がすべてのアクセスを許可されるように、アカウント制限設定を変更してください。 特に制限ユーザーモードは、アプリケーションが正常に機能しない可能性がありますので別のアカウントで実行してください。


3:デバイスドライバーが原因と考えられるケース

鉄道模型シミュレーターは、高度な3次元グラフィックを使用します。
Windows XPには、WindowsXPに対応したデバイスドライバーを組み込んだ環境で安定して動作します。デバイスドライバーの組み合わせがOSと合っていない場合、動作が極端に不安定になります。


4:他のアプリケーションが原因と考えられるケース

Windows XPは、新しいOSのため使用されるアプリケーションによっては、鉄道模型シミュレーターの動作に悪影響を与えることがあります。
常駐するタイプのアプリケーション、スタートメニューの「スタートアップ」に登録されているアプリケーションが原因で動作に悪影響がでる場合は、問題となるソフトウェアを一時的に停止してください。


PAGE TOP