メビウスリンク:ノワールの動作環境について

nVIDIA製グラフィックチップを搭載したビデオカードで、VRAM16MBytesを搭載している製品をご利用の場合、一部の環境でメビウスリンクノワールの動作速度が極端に低下し、動作が不安定になることがあります。

弊社では、現在状況の確認を行っておりますが、弊社所有のテスト用カードでは現象を確認できていません。なんらかの環境固有の問題が原因と考えられますので、もし、VRAM16MBytes搭載カードで問題が生じるようでしたら、次のような対策を行って下さい。

  1. ビデオカードを上位製品に変更する
  2. 画面の色数をHiColorモードに変更する
  3. 画面の解像度を1段階小さくする。
  4. デバイスドライバーを更新する
    ※メーカー製パソコンの場合は、メーカー提供ドライバーを利用して下さい。
  5. ウィルスチェックソフトを停止する
    ※一部のウィルスチェックソフトは、アプリケーションの性能を極端に低下させます。
  6. VRAMを消費しそうな他のアプリケーションを停止する

2から6は、対処療法になるため、効果が得られない場合があります。

なお、リアルシリーズとはシステムが全面的に異なり、ネットワーク対戦など新機能の搭載によりシステム負荷が高くなっています。パソコンのシステム構成に起因するなんらかの原因で、負荷が設計以上になり処理速度が極端に低下すると思われます。
引き続き、原因調査を行っております、原因が判明次第、再度ご報告させていただきます。

この問題についてのテスト環境(参考)

INTEL Pentium4 2.0GHz
RAM 256MBytes
Windows 2000 + DirectX8.1
ASUS製GeForce2MX VRAM16MBytes version